Fish

Jul 27, 2014

28景 品川御殿やま View 28 Goten-yama in Shinagawa

なんとなく上下の趣が違う絵ですね。
上半分はお花見の景色。ピンクの桜の下花見を楽しむ人々が描かれています。
でも下半分は…。
むき出しの岩肌。灰色のぬかるみを人が歩いています。

This view is not as pretty as others, I think.
The upper half is OK.  It's a nice depiction of cherry blossom viewing, pink blossoms and people strolling under cherry trees. 
But lower half?
Hillside is bare and people are walking through gray muddy swamp.

ここは品川御殿山。
太田道灌が城を築き、また江戸初期には徳川家が江戸湾を見下ろす御殿も建てた山なので御殿山と呼ばれました。
やがて御殿は焼失。8代将軍吉宗が桜の木を植えさせたので、桜の名所となりました。(吉宗は飛鳥山、隅田川沿いの桜も植えたんでしたよね。桜が好きだったんですね。)

This is Goten-yama (Palace Hill) in Shinagawa.
It was called so because in the early Edo period, Tokugawa Shoguns had a villa on this hill, where they could enjoy the great view of Edo Bay.
But sometime later, it was burned down, and the eighth Shogun Yoshimune started planting cherry trees. (This Shogun must have loved cherry blossoms,  He planted cherry trees in so many places, such as Asuka-yama and  the Sumida River.)
Since then, it became a popular cherry blossom viewing spot.

広重も御殿山の桜は何回も描いています。

Hiroshige had depicted Goten-yama many times.

Goten-yama and Edo Bay in the distance   御殿山とその向こうに江戸湾が広がっています。
(国立国会図書館より)

でも1853年、御殿山はその形を変えてしまいます。
というのも…

But in 1853, Goten-yama changed its shape.  
Why?

その年、ペリーの黒船が浦賀に来航。
幕府は江戸防衛のため、江戸湾に大砲を設置するための人工の島お台場を数基建設しました。
その時必要となった大量の土砂のためにこの御殿山が削られたというわけです。
この絵は1856年発行ですが、広重は山の形が変わったことを記録しておきたかったのかもしれないですね。

That year, Admiral Perry's Black Ships came to Japan.
In order to defend Edo, Tokugawa Shogunate constructed several battery islands (Odaiba) in Edo Bay.
To construct islands, they needed huge quantities of earth, which they dug away from Goten-yama.
I think in this View 28, published in 1856, Hiroshige wanted to record the change.  

さて、今日の御殿山へ行ってみましょう。
前回の83景の舞台八ツ山からすぐのところです。

Now, let's go and see today's Goten-yama.

この高い長い塀を超えた先です。

I just needed to walk past this long wall.

ちなみにこの広い敷地は開東閣という三菱グループの所有地です。
木々に囲まれて見ることはできませんが、岩崎家の元別邸(1908年完成、ジョサイア・コンドル設計)が建ってるんだそうです。
一般公開はせず、今でもパーティーなどで使われているんだそうです。行ってみたいな。

It's a property of Mitsubishi Companies, called Kaitokaku.
Big woods hide the western-style mansion, designed by Joshiah Condor and completed in 1908.
It is still used by the companies for parties and press conferences.     


そしてこの辺りが御殿山。現在御殿山トラストシティと呼ばれています。

And I was there, Gotenyama Trust City. 

 
オフィスビルトラストタワー、高級賃貸住宅トラストコート、それにマリオットホテルから成ります。
It consists of Trust Tower (office building), Trust Court (residence building), and Marriott Tokyo (hotel).


6800平方メートルもの日本庭園もあります。

They have a beautiful Japanese garden.



桜の名所御殿山とのプレートがありました。
This plate says "Goten-yama, Famous for Beautiful Cherry Blossoms."
 今でも桜の木がありました。cherry trees

御殿山に立派な庭園が残っていて、よかった!

I was glad I could find a beautiful garden there.

さて、それでは広重の絵のような写真は撮れるでしょうか?トラストシティを出て、あたりを少々歩くと……\(^o^)/
こんなのはどうでしょう? 

But now, where can I take a photo like Hiroshige's print?

I walked around the area...... and found it!!  \(^o^)/





画面上半分が御殿山トラストシティ、下半分はJRの線路です。
なんとなく、広重の絵に似てなくないですか? 

Gotenyama Trust City on upper half and JR train tracks on lower half.
It does have a feel of Hiroshige's print, doesn't it?

(^_-)


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

Jul 15, 2014

83景 月の岬 View 83 Moon-Viewing Point


海に面した料理屋で小さなお月見の宴が行われた後でしょうか?
お刺身の大皿、水鉢に浮かべたおちょこ、周りには扇子やキセル等々が無造作に散らばっています。
お皿の右にちょっぴり見えている芸者さんはどうやら三味線をしまって帰るところのようです。
左手の障子に映る影はかんざしをたくさん挿した遊女。
宴が終わって、さてこれから…。
ちょっとどきどきする作品です。(*^_^*)

This is a room inside a house of pleasure by the sea.
A small, private moon-viewing party has just finished.
Around the lantern scatter the party leftovers; a big sashimi plate, sake cup floating in a washing bowl, a fan, a pipe, etc.
Mostly hidden, but we can make out a geisha sitting by the plate.
She is probably packing up her samisen (a musical instrument with strings) to leave.
Behind the shoji screen to the left, stands a courtesan, with the elaborate hair style.
Well, we can easily imagine what's coming next, can't we? 

月の名所として有名な月の岬がどこを指すか諸説あるようですが、品川の近く八ツ山というのが有力なようです。
現在の八ツ山橋という橋のあたりです。

The location of this Moon-Viewing Point is said to be Yatsuyama, not far from Shinagawa Station, and where Yatsuyama Bridge is today.


八ツ山橋 Yatsuyama Bridge

橋の下は川ではなく、線路です。

It's a bridge, not across a river,  but across many railway tracks.

 

下を走るのがJR JR lines below
その上を京急も走っています Keikyu Line above

江戸時代にはここから東が海だったなんて信じがたいですね。
今はビルがたくさん建っていて、海は見えません。

It's hard to believe that in the time of Edo, this was the waterfront.
Today, what we can see from here is a lot of buildings on the reclaimed land.

すっかり様変わりした一帯。
広重のような一枚は撮れそうにありませんね。

The area looks completely different.
I can't take any photo that resembles Hiroshige's print.


困りました…

I was at a loss...


ところが広重さんのお恵みでしょうか?

But I guess I had a luck!


3日前、7月12日のことです。
甥っ子の結婚式が品川であり、その日はホテルで一泊して帰ることにしました。

It was three days ago, 12 of July. 
I attended my nephew's wedding in Shinagawa (it was a wonderful wedding!), and stayed at a hotel afterwards.

京急EXイン品川駅前
品川駅の目の前にあって、とても便利でした。手ごろなお値段で広くてよかったですよ。
Keikyu EX Inn Shinagawa-Ekimae right in front of Shinagawa Station 
It's not a luxurious hotel, but clean, convenient and reasonable.

ホテルの部屋から見下ろすと、真下に品川駅が見えます。

From our room, we could see Shinagawa Station, right below.

 駅の背後にはたくさんの高層ビルが立ち並んでいます。隙間からお台場にあるフジテレビ本社ビルが見えましたから、ビル群の向こうがすぐ水際なんだと思います。
Shinagawa Station and many high buildings
Shore must be right behind them.

さて、夜になりました。
なんとホテルの部屋から大きな満月が見えるではないですか!
明るくって大きな月!
後で知ったのですが、ちょうどその日は「スーパームーン」と呼ばれる満月が見られる珍しい日だったそうです。

When the evening fell, I went "wow!"
From our room, I could see the big full moon in the sky!
It was so beautiful, so bright!
Later, I learned that it was the "supermoon" full moon, which I don't understand very well, except that it was the very special moon.

というわけで、意図せずして、広重の絵よろしく品川の宿でお月見を楽しむことができました。

What a coincidence that I could enjoy the "super" moon-viewing in Shinagawa!

となると、今日の一枚はこれということで。

Well, so, this must be the one.


\(^o^)/


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

Jun 6, 2014

掛川織の花ござ Kakegawa-ori Rush Grass Rug

六月になりました。こちらも梅雨入りです。

It's June.  Rainy season has just arrived in Tokyo area.

昨日から雨、雨、雨…

It's raining, raining, raining...
 庭のブランコも濡れるばかり。 I can't sit on my swing. (T_T)

紫陽花は元気です。 But hydrangeas seem happy.

梅の実も大きくなっています。Ume plums are getting bigger.


以前はこの時期家も涼やかに衣替えしたものです
私の故郷松山の道後温泉は今でも六月に入るとすだれを掛けて、それが夏の風物詩となっています。

June is also time to prepare our house for summer.

For example, Dogo Onsen (hot springs) in my hometown Matsuyama hangs Sudare (reed shades) outside their windows. 
5月 Dogo Onsen in May

 6月 Dogo Onsen in June

私はたいして何もしませんが、唯一やっているのがカーペットを変えること。
冬の絨毯をしまって、花ござを敷きます。

I don't do much, but every June, I put away my heavy, thick rug in our living room and spread out this light, summer rug.

福岡の掛川織の花ござを気にいって使っています。
ひんやり、さらっとしていて気持ちいいんです。

It is Kakegawa-ori rug from Fukuoka, Kyushu, made of Igusa (soft rush grass) just like tatami mat.
It's a great summer rug; feels cool against your warm body and  doesn't stick to your skin even when you are sweating.
模様も気に入っています。 And it's pretty, too.

もう10年くらい使っていますが、丈夫なのかまだしっかりしています。
今でも出してくると、いぐさの香りがかすかにぷんとするんですよ。

Though mine is almost ten years old, when I was taking it out from the storage, I could still sense its grassy Igusa scent.

ここでごろごろお昼寝をすると、夏って感じです。 

Taking a nap here in a hot afternoon... that's my summer. 
(^_^)v


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ