There was an error in this gadget

Feb 17, 2013

92景 請地秋葉の境内 View 92 Garden of Akiba Shrine in the Village Ukeji


秋葉神社は四ツ木通り用水から少し西に入った請地村にありました。(四ツ木通り用水については前回のブログ105景をご参照ください。)

Akiba Shrine was in the village called Ukeji, a little west of the Yotsugi-dori Canal (I wrote about this canal in my previous post, View 105.)

広重はその秋葉神社の美しい秋の庭園を描いています。紅葉が池をピンク色に染めていますね。
茶店に座ってスケッチにいそしむ男性が描かれていますがわかりますか?
これは広重自身を描いたものだと言われています。
下にあるのが広重の肖像画ですが…。

Akiba literally means "autumn leaves." Here, Hiroshige depicts a beautiful autumn scene of its garden.  Red maples are reflecting on the pond.  
Do you see a man sitting in the tea house and sketching busily?
It is said that this is Hiroshige himself.
Below is his portrait.
そうですね、似ている、かな?

Hmmm, maybe yes,  the man in the print looks like Hiroshige!

秋葉神社はその広大な庭園が有名でした。池の広さだけで5000坪もあったといわれています。江戸の人々は四季を通じてこの庭園を訪れました。春の梅、初夏のカキツバタやサツキ、秋には萩の花。そしてもちろん、秋が深まれば見事な紅葉。

Akiba shrine was famous for its spacious beautiful garden.  The pond alone was said to be as large as 1.6 hectares.  Edo people enjoyed visiting the garden throughout the year.  They enjoyed the plum blossoms in spring, kakitsubata flowers (iris laevigata) and satsuki azaleas in early summer, and bush clovers in early autumn.  And of course, they came to admire red leaves in autumn.  

さて、秋葉神社へ向かいましょう。
とうきょうスカイツリー駅からおよそ徒歩15分。
途中こんなビルを発見。

Now, let's go and see Akiba Shrine today.  
It's about 15-minute walk from Tokyo Sky Tree station. 
On the way, I saw this building and had to grin.
スカイツリーと花火です!
ここは隅田川花火大会の会場からもそう遠くはないところ。スカイツリーを背景に花火を見られたらすばらしいでしょうね!でも大混雑は必至なので私はあきらめています。なのでこのビルは嬉しかった!

Sky Tree and fireworks!  
 Sumida River Fireworks Festival held in the area in summer is one of the biggest fireworks festivals in Japan.  I love fireworks and would love to see them with Sky Tree in the background. But I'm afraid it's just too crowded.   I think I'll make do with this. (^_-)   

秋葉神社は下町の住宅街の中にあります。近くまでいくと通りはとっても狭くなってきました。


Akiba Shrine stands in an old shitamachi residential area.  The street became surprisingly narrow.

秋葉神社への参道にも驚きました。


And when I saw the approach to the Akiba Shrine, I was shocked! 
奥に鳥居が見えています。 Can you see Torii gate in the far back?

江戸時代とても有名な神社だったはずですが、今はこんな感じでとっても狭いです!


In spite of its great fame in the Edo period, this short, narrow approach were lined with old houses.


でも神社そのものはよく手入れされていました。

But when I went through it, it was a shrine all right.
And it was well taken care of.
鳥居 torii gate

本殿 Main Shrine
このマークは楓の扇かな? Their emblem looks like a maple (?) leaf fan.



大きなイチョウの木。秋には黄葉がみごとでしょうね。秋にくればよかったかな…。
A great ginkgo tree, it must be beautiful in autumn.  Maybe I should have come here in autumn...

この神社の歴史は1289年にまでさかのぼります。最初は千代世稲荷大明神を祀る稲荷神社だったようですが、江戸時代になって鎮火の神さま秋葉大神を祀るようになりました。江戸の人々にとって火事はもっとも恐れるものの一つでしたから、この神社は大名から庶民まで広く人々の信仰を集めたようです。境内には1700年代前半に大名が寄進した石灯籠がいくつか残っています。


The history of this shrine goes back to 1289.  It was Inari shrine in the beginning. But later, in the Edo period, they enshrined the fire god of Akiba.  Since fire was a big worry for Edo people, the shrine was worshipped by many people.  There remain several stone lanterns donated by some feudal lords in the early 1700s.

秋葉神社は関東大震災や大空襲などで被災。
現在の社殿は1966年に建てられたものだそうです。

The shrine had to face many difficulties; the Great Kanto Earthquake in 1923 and the US air raid in 1945.  The shrine today was rebuilt in 1966.

その間に秋葉神社の敷地は縮小。
今や庭園も池もありません。(T_T)
そうなるとさて、今回の写真は何を撮ればいいんでしょう?

Meanwhile, the shrine lost much of its premises.  
No garden, no pond any more.  (T_T)
So, what should I do about today's photo?

というわけで、今回は私オリジナルの江戸百景を撮ることに。(^^)
あたりを見回して…。
はい、決まりました!

Well, I've decided I have to be very creative this time.
I looked around...... (^^)  
Yes, of course!


秋葉神社とスカイツリーです!!\(^o^)/
広重が気に入ってくれるといいんですがね。
 
Akiba shrine and Sky Tree!!  \(^o^)/
I hope Hiroshige likes what I did.  


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

Feb 6, 2013

105景 小梅堤 View 105 Koume Embankment

こののどかな一帯は今東京で一番ホットな場所です。
どこでしょう? (^_-)

This rural area is now one of the hottest areas in Tokyo.
Where?  We'll see. (^_-)

あたりは江戸時代小梅村と呼ばれるのどかな田園地帯でした。
流れているのは四ツ木通り用水。
冬枯れの田んぼが広がっています。
用水のこちら側にはかわいい子供が子犬と遊んでいますよ。
向こう岸は人通りがちょっと多め。ここよりまだ北にある柴又帝釈天へ向かう人たちです。

In the time of Edo, the village was called Koume.  The canal was called Yotsugi-dori yosui.
See the winter rice field?  It was a very peaceful countryside.  
Children are playing happily with puppies.
The road on the other side seems a bit busy.  It was a route to  a popular temple further up north, Shibamata Taishakuten.

この用水は今は埋め立てられ、曳舟川(ひきふねがわ)通りとなっています。

The canal is now filled and it is now a street called Hikifune-gawa Dori.

曳舟川通り Hikifune-gawa Dori
その角には石でできた舟型の案内板があって、曳舟の名前の由来が書かれてます。

On the corner stands this stone-built, boat-shaped guide sign, which explains where the name Hikifune comes from.   
それによると、江戸時代この川の上流では人が手で引く船が交通手段として使われていたとか。だから、ひき舟ですね。

According to the sign, in the time of Edo, they had pull boats like below at the upper stream of this canal.
So, it was called the Hikifune River, pull boat River.

広重が立っていたであろう場所には現在押上アパートが建っています。

Where Hiroshige once stood, now stands Oshiage apartment building.

赤い防火用水に小梅の文字を発見。I noticed the name Koume remains in the red water tank.

アパートは現在修繕工事中らしくシートに覆われていましたが、この写真からもわかるように、ここは東京スカイツリーの真下なんです!

The apartment building was covered for some repairs, but as you can see, it's right at the foot of the Tokyo Sky Tree!!
最後の一枚を撮る前に、今回スカイツリー内に見つけたおもしろいお店を紹介させてください。
もうご存知のとおり、スカイツリー内にはタワ-以外にも水族館、プラネタリウム、巨大ショッピングエリアのソラマチなどいろいろあります。

Before taking my final shot, let me introduce you one of the unique shops, which I found this time, in the Sky Tree.
As many of you already know, Sky Tree has many attractions other than the tower itself; aquarium, planetarium, and huge shopping area Solamachi.

今回私はその5階にある「問屋国分」に行ってきました。国分は300年の歴史を持つ総合食品問屋。K&Kの缶詰とか有名ですよね。
「問屋国分」は国分が扱う商品の歴史などを紹介する、まるで博物館のようなところ。そしてその奥に「厨(くりや)」という小さなレストランを運営しています。

This time, I went to "Tonya Kokubu," on the fifth floor.  It is the official store of Kokubu Corporation, the food and liquor wholesaler with a long history of 300 years.  You might have seen its canned food K&K.
It was more like a museum that shows the history of their goods, and in the far corner of the shop, they have a small restaurant, Kuriya.

このレストランの面白いのは国分が扱う缶詰食品をベースにした食べ物を提案していること。
 
What is unique about this restaurant is that they serve dishes  prepared using their canned products.
その日使われている商品のディスプレー。They display the products they are using that day.

私は缶詰のフルーツをトッピングしたフレンチトーストをいただきました。おいしかった!
I had this french toast, topped with their canned fruits.  


お値段もなかなか良心的でコーヒー付きで500円。でも小食の方向けかな?

Their price was quite reasonable, just 500 yen for the french toast and coffee.  I recommend it for light eaters.

琥珀色の日本酒も売っていました。江戸時代の作り方で作った江戸の酒だそうです。買って帰って飲んでみましたが、日本酒というより紹興酒のような味がしました。江戸時代のお酒はこんな味だったんでしょうか?楽しい!

Also, they had this amber-color Sake made with the old Edo recipe.  I bought it home.  It tasted very different, more like Chinese rice wine.  It's fun to think Edo people were drinking this as Sake.


さて、広重に戻りましょう。今はどんなふうに見えるんでしょうか?

Back to Hiroshige.  How does the place look now?

橋の代わりに横断歩道を入れてみました。 (^_^;)
でも広重もびっくりの変わりようですね。

As substitute for bridges, I got a crosswalk. (^_^;)
But I'm sure Hiroshige would be very surprised to see the change.

帰りの電車で、冬の田んぼを見ることができました。
これこそ広重の絵の中の田んぼと似ているんではないですかね?

On the train back home, I saw this winter rice field.
This seems more like the rice field in Hiroshige's print.


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

Feb 4, 2013

病院で節分 Setsubun in a Hospital

昨年も節分について書きましたが、今年はちょっと変わった場所で節分を迎えてしまいました。
実は入院中です。(T_T)

Last year, I wrote about Setsubun here.
But this year, I spent my Setsubun Day at rather unusual place, a hospital. (T_T)

あ、でもどうぞご心配なく。ブログが書けるほどに回復しました。(^_^)v

Please don't worry.   
I've recovered well enough to be able to write this. (^_^)v


病院で迎えた節分は人の優しさに触れるよい体験となりました。

What I want to introduce you here is the kindness of the hospital staff.


昨日の昼食は色とりどりの「節分の日スペシャル弁当」。

This was our lunch on Setsubun Day, a very colorful Setsubun Bento,

それと福豆と
and a small bag of roasted beans, 

お手製のかわいいカードが一緒にのっていました!
and a handmade card!

Otafuku and red-oni.  The purple letter says "happiness," and the red stamp says "from nutrition staff"

入院している私たちも節分気分を味わえるようにわざわざこんなカードを手作りしてくれるなんて、スタッフの優しさに感動してしまいました。

This card is not something really necessary.  
But in order to bring us some Setsubun feel and just to cheer us up, the staff in the hospital cut papers, glued them, and painted them.
How nice!

私の病室にも春がやってきたようです。\(^o^)/

Spring has come to my hospital bed, too. \(^o^)/


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ