There was an error in this gadget

Mar 2, 2013

おひな様 Ohina-sama (Hina dolls)

明日はひな祭り。
ひな祭りの原型は既に平安時代、貴族の遊びごとにみられたそうですが、今のようなひな祭りが庶民の間に広まったのは江戸時代のことだそうです。

Tomorrow,  March 3rd, is Hinamatsuri (Girls' Day or Doll Festival) in Japan.
It's a festival for girls, wishing for their health and happiness. 
It was originally started by Heian aristocrats more than 1000 years ago, and spread among common people in the Edo period. 

ひな祭りには女の子の健やかな成長や幸せを祈っておひな様を飾りますが、本当にきれいですよね。

Families with girls display a set of dolls called Ohina-sama at home and celebrate the day.  Those dolls are often very fancy; they represent Emperor and Empress, their attendants and musicians in Heian costumes.

子供のころの私のおひな様は内裏雛と三人官女がガラスケースに入った比較的小さなものでした。
友人宅で立派な七段飾りのおひな様を見るとうらやましくって。憧れたのは小さなお道具の数々。お膳や鏡台、箪笥に長持、駕籠に牛車などなど。あれで遊びたかったんだよな!と思い出します。

When I was a girl, my Ohina-sama wasn't so big.
Some of my friends had a fancy set with seven platforms.  On the lower platforms, there were beautiful miniature gimmicks, a table and dishes, a dresser, a drawer, a chest, a palanquin, a carriage, and such.
How I wished I had one like that!  I really wanted to play with those miniature gimmicks. 

今日では、あまり大きなひな壇飾りよりも場所をとらない小さめのものが人気だそうです。

I heard nowadays smaller ones sell better, because big ones take up too much space.

うちには女の子がいないので、我が家にはおひな様がありませんでしたが、数年前義父母の家にあったお人形をもらって帰りました。

I have no daughters, so we didn't have Ohina-sama until I inherited one from my in-laws a few years ago.


付属の立札によると、礼宮殿下と紀子さまのご成婚記念に吉徳が作ったお人形のようです。お二人のご結婚ということは1990年のことですね。

According to the wooden plate,  this set was made by a traditional doll company Yoshitoku to commemorate the wedding of Prince Akishino and Kiko in 1990. 
Prince Akishino is currently the second in line to the throne. 

 
これが秋篠宮さまということでしょうか Prince Akishino

こちらが紀子さま (扇を持っていたはずですが、なぜかなくなっています。(>_<))
Princess Akishino (She is supposed to be holding a fan in her  hands.  Somehow it's missing.(>_<))

十二単の色が美しい Heian noble ladies wore 12 layered kimono.

人形店吉徳は1711年に江戸浅草橋で創業。そのにぎわいは江戸名所図会にも描かれています。

This doll company Yoshitoku has a long history of 300 years.  They started selling Ohina-sama and other dolls at Asakusabashi in 1711. This is how they looked in the time of Edo.  
吉徳のホームページよりfrom their website

吉徳は今も同じ場所で営業を続けています。現在でも浅草橋には老舗の人形店がたくさん並んでいますよ。

They are still in business at the same location.  
In fact, many doll companies established in the Edo era are still in business in Asakusabashi. So if you are interested in Ohina-sama, Asakusabashi is the best place to see them in Tokyo.  



さて我が家の玄関にはちりめん細工の小さなおひな様も飾ってあります。

I also have tiny cute Ohina-sama in my genkan (entrance hall.)


お巻きずしと稲荷ずしでしょうかね? sushi rolls and Inari-sushi

小さくても大きくてもおひな様を見ているとなんだか幸せな気分になります。
明日はちらしずしでお祝いしましょうかね?

Big or small, Ohina-sama always makes me feel happy.
Tomorrow, I'm going to make chirashi-zushi (a kind of sushi) and celebrate my Hinamatsuri.

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

8 comments:

Minoru Saito said...

おはようございます。 素晴らしい親王飾りですね。
 宮様が向かって左に位置している古来からの伝統の位置ですね。
 玄関先のお雛様も可愛いです。季節の催しを大事にしていてとても素晴らしいです。

Rurousha said...

I think it's blatantly unfair that boys get a public holiday (and never mind its PC new name "Children's Day") and girls don't. Hmph. OK, rant over. ;)

When I was a little girl, I always preferred playing with toy cars and Lego. I had zero interest in dolls.

Now that I'm an old girl, I think dolls are beautiful and I enjoy walking through nearby Asakusabashi to look at the shops.

PS: I love that tiny set in your genkan!

Merry Witch said...

Minoruさま
宮様がどちらに位置するかなど、ちっとも意識していませんでした。Minoruさまに伝統の位置とお墨付きをいただいてほっとしました。ありがとうございます。(^_^;) おひな様と書きましたが、年中飾っていたりします。かなり適当です。

玄関先のおひな様も愛らしくて気に入っています。お褒めいただき嬉しいです。

Merry Witch said...

Rurousha,
I take it differently. We, girls, get another extra festival all to ourselves, which boys don't.(^_-) (I do understand historically Children's Day in May is Boys' Day and we still display decorations for boys only.) Maybe I am being too optimistic.

It's nice you can walk through Asakusabashi often. Isn't the area very interesting?

Rurousha said...

"We, girls, get another extra festival all to ourselves, which boys don't."

Aha! That's how to see the glass is half full rather than half empty! I'm going to steal your approach. ^^

Asakusabashi is a very lekker area. :)

Merry Witch said...

Rurousha,

Steal my approach? My pleasure! (^^)

cosmos said...

すばらしい立ち雛ですね。老舗ならではの落ち着いた気品を感じます。
先月、父の急逝で2月は文字通り「逃げて」いってしまい、お雛様も味わう余裕がありませんでした。今、やっと日常にもどりつつあります。今月は、初孫の誕生、命のリレーです。

また落ち着いたらこれまでのポストもゆっくり拝見したいと思います。上の娘が今月から浜田山ちかくのマンションに住むことになるので、東京も行く機会が増えると思います。
すばらしいガイドさんがおられるので、心強いです^^

Merry Witch said...

cosmosさま

お返事遅くなり申し訳ありませんでした。
実は4日から入院中です(>_<)
命にかかわるものではないのですが、2月にも10日ほど入院してたので、私もこのところなんだか困ったことになっています。

cosmosさまはお父様のこと大変でしたね。お寂しいことでしょう。でも今度はお孫さんのお誕生、おっしゃる通り命のリレーですね。

広重の梅の名所、この春は一つも行けなかったのが残念。桜には間に合わせたいけれど、あまりあせらずにいようと思っています。