There was an error in this gadget

Jul 27, 2014

28景 品川御殿やま View 28 Goten-yama in Shinagawa

なんとなく上下の趣が違う絵ですね。
上半分はお花見の景色。ピンクの桜の下花見を楽しむ人々が描かれています。
でも下半分は…。
むき出しの岩肌。灰色のぬかるみを人が歩いています。

This view is not as pretty as others, I think.
The upper half is OK.  It's a nice depiction of cherry blossom viewing, pink blossoms and people strolling under cherry trees. 
But lower half?
Hillside is bare and people are walking through gray muddy swamp.

ここは品川御殿山。
太田道灌が城を築き、また江戸初期には徳川家が江戸湾を見下ろす御殿も建てた山なので御殿山と呼ばれました。
やがて御殿は焼失。8代将軍吉宗が桜の木を植えさせたので、桜の名所となりました。(吉宗は飛鳥山、隅田川沿いの桜も植えたんでしたよね。桜が好きだったんですね。)

This is Goten-yama (Palace Hill) in Shinagawa.
It was called so because in the early Edo period, Tokugawa Shoguns had a villa on this hill, where they could enjoy the great view of Edo Bay.
But sometime later, it was burned down, and the eighth Shogun Yoshimune started planting cherry trees. (This Shogun must have loved cherry blossoms,  He planted cherry trees in so many places, such as Asuka-yama and  the Sumida River.)
Since then, it became a popular cherry blossom viewing spot.

広重も御殿山の桜は何回も描いています。

Hiroshige had depicted Goten-yama many times.

Goten-yama and Edo Bay in the distance   御殿山とその向こうに江戸湾が広がっています。
(国立国会図書館より)

でも1853年、御殿山はその形を変えてしまいます。
というのも…

But in 1853, Goten-yama changed its shape.  
Why?

その年、ペリーの黒船が浦賀に来航。
幕府は江戸防衛のため、江戸湾に大砲を設置するための人工の島お台場を数基建設しました。
その時必要となった大量の土砂のためにこの御殿山が削られたというわけです。
この絵は1856年発行ですが、広重は山の形が変わったことを記録しておきたかったのかもしれないですね。

That year, Admiral Perry's Black Ships came to Japan.
In order to defend Edo, Tokugawa Shogunate constructed several battery islands (Odaiba) in Edo Bay.
To construct islands, they needed huge quantities of earth, which they dug away from Goten-yama.
I think in this View 28, published in 1856, Hiroshige wanted to record the change.  

さて、今日の御殿山へ行ってみましょう。
前回の83景の舞台八ツ山からすぐのところです。

Now, let's go and see today's Goten-yama.

この高い長い塀を超えた先です。

I just needed to walk past this long wall.

ちなみにこの広い敷地は開東閣という三菱グループの所有地です。
木々に囲まれて見ることはできませんが、岩崎家の元別邸(1908年完成、ジョサイア・コンドル設計)が建ってるんだそうです。
一般公開はせず、今でもパーティーなどで使われているんだそうです。行ってみたいな。

It's a property of Mitsubishi Companies, called Kaitokaku.
Big woods hide the western-style mansion, designed by Joshiah Condor and completed in 1908.
It is still used by the companies for parties and press conferences.     


そしてこの辺りが御殿山。現在御殿山トラストシティと呼ばれています。

And I was there, Gotenyama Trust City. 

 
オフィスビルトラストタワー、高級賃貸住宅トラストコート、それにマリオットホテルから成ります。
It consists of Trust Tower (office building), Trust Court (residence building), and Marriott Tokyo (hotel).


6800平方メートルもの日本庭園もあります。

They have a beautiful Japanese garden.



桜の名所御殿山とのプレートがありました。
This plate says "Goten-yama, Famous for Beautiful Cherry Blossoms."
 今でも桜の木がありました。cherry trees

御殿山に立派な庭園が残っていて、よかった!

I was glad I could find a beautiful garden there.

さて、それでは広重の絵のような写真は撮れるでしょうか?トラストシティを出て、あたりを少々歩くと……\(^o^)/
こんなのはどうでしょう? 

But now, where can I take a photo like Hiroshige's print?

I walked around the area...... and found it!!  \(^o^)/





画面上半分が御殿山トラストシティ、下半分はJRの線路です。
なんとなく、広重の絵に似てなくないですか? 

Gotenyama Trust City on upper half and JR train tracks on lower half.
It does have a feel of Hiroshige's print, doesn't it?

(^_-)


にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

4 comments:

Minoru Saito said...

おはようございます。もう続編が出ていたのですか。 お台場のために削られた御殿山はコントラストが凄いです。
 最後の写真と雰囲気が似ています。探すのに苦労されたのではと思いました。
 吉宗は庶民の娯楽も考えた最初の将軍かも知れないです。
 飛鳥山は庶民のための世界最古の公園だとも言われています。

Merry Witch said...

Minoruさま

なるほど、飛鳥山は庶民のための世界最古の公園ですか。吉宗はドラマなどで有名ですが、実際に名君だったんでしょうかね?ちょっと興味が湧きます。

最後の写真雰囲気はそれっぽいですよね。撮れたときは、嬉しかったです。(^^)

いつも応援ありがとうございます。

story tell said...

暑いですね。半端でない暑さですね。
年々気温が上昇している様で、この先一体どうなるのでしょうか。最高気温40度越えは時間の問題かも。人間が住めなくならなければ良いですが。
対比の写真よく似ていますが、ビルの中の各部屋でエアコン使っているのを考えると外の温度は一体何度でしょうか。考えるだけで、恐ろしいです。
広重は150年前ですが、このままでは、今から150年後は人が住めなくなりますね。
それを避けるためには
私の案ですが、ビルも線路も地下奥深く(地底)に移動ですね。
そして、地上では御殿山を再構築し、広重の絵の様な景色が見られる。気温もまずまず。理想的ですね。どうでしょう。

Merry Witch said...

story tellさま

地上に御殿山を再構築ですか?おもしろいですね。(^o^)

いろいろなものが急激に進化する世の中なのに、なぜかエアコンの室外機は進歩なし。あいかわらず熱を出して、街を温め続けています。その熱を有効利用する手立ては考え付かないものなんでしょうかね?

エアコンを利用しても外気温があがらないようになったら、東京もだいぶ涼しく感じるんじゃないでしょうか?

本当に暑い!ご自愛ください。(^^)